HOME >>  にきび跡を治す生活習慣のススメ >>  スキンケア、メイクを見直す

スキンケア、メイクを見直す

このページでは、にきび予防やにきび跡肌にやさしいスキンケア/メイク法について、紹介しています。

スキンケアの基本、洗顔で、にきび肌にやさしく

スキンケアやメイクを工夫することでもにきびを軽減できます。まず洗顔。たっぷりの泡で、刺激を与えないよう、指の腹でふんわりとやさしく洗うのがコツです。タオルで水分を払うときも、決してゴシゴシとこすってはいけません。やさしくトントンと、水分を吸い取るつもりで拭きましょう。

にきびケア専用の洗顔料は、さっぱりして効果的かも知れませんが、最も大事なのは成分です。ポイントは天然由来であること。合成界面活性剤や着色料、防腐剤といった添加物は、にきびのできやすいデリケートな肌の大敵です。また、すすぎを十分に行うことも重要。その際は、熱いお湯ではなくぬるま湯で、十分にすすぐ事が大切です。
 

基礎化粧も、もう一度見直して

洗顔の後は、スキンケアです。ただちに水分を補給しましょう。肌が乾燥すると角質が毛穴に詰まり、それがにきびやくすみの原因となるのです。

一般的にスキンケアのアイテムは、化粧水、乳液、美容液などになりますが、にきび専門のケア製品は、サッパリ度を追求するあまり、潤いが不足しています。一番いいのは、クリニックなどで薦めているものを使うことですが、市販のものを遣う場合は成分がやさしく、刺激が少ないものを選びましょう。またビタミンCなどが入っているものは、にきびやにきび跡肌に効果的です。

美容液の油分などが気になる場合は、やはりクリニックで相談し、クリニックが推奨するものを使うのがベストだと思います。
 

にきび肌にやさしいメイク習慣を

にきび跡肌を隠したい気持ちはわかるのですが、過剰なメイクは状態を悪化させるばかりなので、注意してください。コンシーラーなどを厚塗りすれば、毛穴を詰まらせる原因にもなるので、できるだけナチュラルメイクを心掛けましょう。

また肌にやさしい成分のファンデーションを使ったり、スポンジをこまめに洗って清潔にするなどの工夫が必要。帰宅後すぐにメイクを落とすことも大切です。

髪型も重要。頬やおでこに髪がかかることで、にきびが悪化することがあるので、髪を顔にかけないのが理想です。また、日焼けはにきびを悪化させ、にきび跡にもよくないので、紫外線はしっかり防いで

生理前・生理中は、毛穴の皮脂の分泌が盛んになります。また肌も敏感になり刺激を受けやすくなるので、メイクはさらにナチュラルに、またすぐにメイクを落としてスキンケアで肌を整える習慣が、大事になると思います。