HOME >>  にきび跡を治す生活習慣のススメ >>  そのほか生活習慣の改善

そのほか生活習慣の改善

ここでは、ニキビやニキビ痕を改善するためのライフスタイルについてお伝えしていきます。ニキビ治療やニキビケアを行っている人もぜひ取り入れていただいて、効率よくニキビ改善をしていきましょう!

お肌に現れる生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れているとニキビが出来るリスクが高まり、その結果ニキビ痕を悪化させたり、さらに増やしてしまうことに繋がります。忙しい毎日の中では、どうしても乱れがちになる生活習慣ですが、少しだけ意識して変えるだけでも大きな効果が期待できます。

生活習慣を改善したからと言って、ニキビ痕が即効で治るものではありませんが、長期的に見てニキビ痕の根本的なケアになることは間違いありません。出来る範囲から始めることで、ニキビ痕だけでなく、ニキビの予防にも役立つのです。

ライフスタイルを見直してみよう

【睡眠】

睡眠不足はニキビやニキビ痕の天敵です。睡眠が十分にとれていなかったり、質の悪い睡眠を続けていたりすると、深刻な肌トラブルへ発展する可能性が高くなります。

睡眠中は、成長ホルモンによって、1日の中で唯一肌の再生が行われている時間帯です。睡眠不足が続いていると、肌再生がうまくできずに古い角質がどんどん蓄積されて、肌のターンオーバーが乱れる原因になります。

ターンオーバーの乱れはニキビ痕の改善を遅らせるだけでなく、新たなニキビの原因にもなるので注意しましょう。

人によって最適な睡眠時間は異なりますが、最低でも6時間以上眠ることを心がけたいところ。また、照明や音楽などを上手に利用して、心地よい睡眠に入るための環境作りを行うなど、意識して睡眠の質を上げる努力をしてみましょう。

【ストレス解消】

毎日の生活の中でどんどん溜まっていくストレス。現代社会で全くストレスを受けずに生きていくのは、なかなか困難なことです。皆さんは、実はストレスがニキビの大きな原因のひとつだということをご存じでしたか?イライラや落ち込みなど、精神状態はそのまま正直にお肌の状態となって現れてしまうのです。

精神的なストレスは、原因となっている悩みや問題が無くならないかぎり解消は難しいですが、意識して解消に向かわせることは出来ます。

「ストレスがたまっているな…」と感じたら、決して無理をせず、自分に合った解消法でストレスを軽減するようにしましょう。また、何も考えずにゆっくり体を休めることも効果的ですが、厄介な精神的ストレスを解消する良い方法がもうひとつありますので、次の項目でご紹介します。

【適度な運動】

上でご紹介したもうひとつのストレス解消法、それがこの適度な運動です。運動によって肉体的なストレスがかかると、脳は精神的なストレスを肉体的なストレスに置き換えてしまうのです。分かり易く言うと、精神的なストレスは、運動をすればある程度解消してしまうということですね。

また、運動による効果はそれだけではありません。体を動かすと汗をかきますが、この汗が非常に重要なのです。血中で一度上昇してしまったニキビの原因、DHT(活性型男性ホルモン)はなかなか正常値に戻らないと言われていますが、この血中に増えたDHTは、汗と尿から体外に排出する事が出来るのです。

このように、適度な運動を行うと代謝が高まって、ニキビやニキビ痕のリスクを抑えることができます。運動と言っても、30分程度のウォーキングや、軽いストレッチ、筋トレなどで十分。運動することでストレスも解消できてニキビ予防もできてしまうわけですから、一石二鳥の方法だといえますね。

週に何回か、意識して運動する時間を作って、ニキビやニキビ痕の予防につなげましょう。