HOME >>  にきび跡治療におすすめな大阪のクリニック&エステ

にきび跡治療におすすめな大阪のクリニック&エステ

にきび跡肌のための治療や施術を行っているのは、主にクリニックなどの医療機関と、エステサロンです。このカテゴリーでは実績があり、にきび跡治療の豊富なメニューを用意しているクリニック&エステを、10カ所取り上げました。

クリニックやエステサロンによって、にきび跡治療のメニューは異なります。レーザーをメインにしているところもあれば、漢方などと併用しているところもあるというふうに、各クリニック&エステで特徴があります。料金例や口コミ情報も網羅しているので、クリニック&エステサロン選びに役立てていただければと思います。

何にポイントをおいて、クリニックやエステを探すのか、も重要です。料金か、カウンセリングの丁寧さか、または自分の行いたい治療メニューがあるからなのか。それにはまず、自分の肌タイプを知ることが大切かもしれません。

にきび跡だけでなくにきびができ続けているのか、凹凸のクレーターが気になるのか、赤みやカサカサが気になるのか。またはそれらのすべてが当てはまるのか…。

これらをきちんと把握しておけば、カウンセリングの時点で自分の意思が伝えやすいと思います。より良いクリニックを選んで、一日も早く美しい素肌を自分のものにしてください!

にきび跡治療をおすすめな人はこんな方!

鏡を見た時や、メイクをする時に気になるにきび跡。どのように治療をすれば良いのでしょうか?具体的にご紹介いたします。

そもそも「にきび跡」って何?なぜできる?

肌ににきびができた後、通常であれば時間の経過と共に目立たなくなっていきます。しかし、いつまでも残ってしまうのが「にきび跡」です。なぜ残ってしまうのかというと、大きく分けて2つの原因があります。

まずはにきびが酷い炎症を起こしてしまった人。炎症が酷いと皮膚組織が破損し、傷になってしまうのです。その破損回数が多い……つまり何度も同じ個所ににきびを繰り返していた人ほど、跡ができやすいと言えるでしょう。

2つ目はにきびを自分でつぶしていた人。にきびをつぶしてしまうと、手や器具についていた雑菌が皮膚組織に入り込み、炎症が悪化してしまう危険性が高いのです。

また、にきびだけでなく周囲の皮膚組織も傷つけてしまい、炎症がさらに悪化。もともとにきびがあった周りがへこんだ肌質になってしまうのも珍しくありません。

にきび跡は自力で治せる?

にきび跡は皮膚組織にできた傷跡です。そのため、自力で治すのは難しいでしょう。ただし皮膚細胞は日々新しく生まれ変わっており、時間の経過とともに少しずつ薄くなる可能性はゼロとは言えません。

しかし、凹凸や、色素が沈着しているものを完全にキレイにするというのは難しそうです。

コンシーラーやメイクで隠すのはダメ?

最近のコスメは非常に優秀で、少しくらいのにきび跡ならばカバーしてくれるものもあります。しかしそれでは根本的な解決になりませんし、厚塗りをすることで皮膚呼吸がスムーズにできなくなり、皮膚細胞の新陳代謝機能に影響を及ぼす可能性があります。

また、メイクによってにきび跡に刺激が与えられ、色素沈着の原因にもなるでしょう。隠すことも悪くはありませんが、同時に根本的なにきび跡治療を行っていくべきです。

にきび跡が酷くなるとどうなる?

気になるにきび跡も、時間の経過と共に薄くなっていくだろう……と考えていませんか。実際に薄くなる可能性もありますが、放置していると、さらに悪い方向へとすすんでいくこともあります。

赤いにきび跡はシミのような黒い色素沈着になる可能性があります。赤いにきび跡は今現在、炎症が起きているということ。にきびの原因となるアクネ菌と体内の活性酸素が戦う際、周りの皮膚組織にも損傷を負わせてしまうのです。

そこで紫外線を浴びてしまうと、肌が弱っている組織を守ろうとメラニン色素を出し、黒い色素沈着となってしまいます。

また、皮膚は簡単に説明をすると3つの層でできています。外から近い順に「表皮」「真皮」「皮下組織」です。表皮の炎症は治りやすいのですが、真皮まで及んでしまった炎症は、治った際に皮膚が他の部分よりも下がった状態になってしまい、いわゆる「クレーター」になってしまうのです。

にきび跡を放置し、「黒い色素沈着」「クレーター」まで進むと、放置をしていてもキレイに治ることはないですが、もう手遅れだと諦めず、クリニックでにきび跡治療にチャレンジしてみませんか?

にきび跡治療をおすすめしたいのはこんな方!

以上のことから、にきび跡治療をおすすめしたいのは……

  • 何度も繰り返しにきびができていて、跡になっている部分もある
  • にきびを潰して治していた
  • にきび跡をメイクで隠している
  • 赤いにきび跡が気になる
  • 黒い色素沈着やクレーターがある

にきび跡は放置をすればするほど、治療に時間がかかってしまうものです。そのため無料カウンセリングを受けてみるなど、早めに動きだすことをおすすめします。