HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  フォトフェイシャル

フォトフェイシャル

最近登場したフォトフェイシャルとは、一体どのようなものでしょうか。レーザーとは違い、フォトフェイシャルはIntense Pulsed Light(IPL)という多波長の光を当てるものです。とてもマイルドな光なので、痛みはほとんどなく、また肌が受けるダメージも非常に少ないそうです。

レーザー照射と同様に、真皮の繊維芽細胞の働きが活性化させ、コラーゲンなどを再生させます。そのことから、アンチエイジングケアや美肌ケア、にきび跡肌の治療に、積極的に用いられるようになってきました。

ダメージの少ないニキビ治療が可能なフォトフェイシャル

ピンポイントで当てるレーザー治療と違い、フォトフェイシャルは顔全体に照射することができます。例えば赤みがある部分、クレーターが気になる部分、毛穴が開いた部分など、異なる肌トラブルに同時に効果を与えることが可能です。また、部分的に照射することもできます。

最大のメリットは、効果を実感できるうえに痛みがなく、レーザーに比べれば肌がダメージを受けないこと。施術後すぐにメイクもできます。しかしレーザー照射に比べれば弱い光なので、効果がすぐ現れないケースも。その分、時間がかかるということです。また肌へのダメージはレーザーよりは少ないとはいっても、日焼けした肌や、体調によっては使用できないこともあります。

フォトRF(オーロラ)について

さまざまなクリニックやエステサロンのメニューで目にする「フォトRF(オーロラ)」とは、どんなものでしょうか。これは、フォトフェイシャルの光に高周波電気の「RF」というものを組み合わせたもののことをいいます。「オーロラ」とは機器の名称です。「オーロラ」の出す高周波の電気と、フォトフェイシャルを組み合わせることで、さらに真皮の細胞が活性化する効果があります。

また、高周波の電気がフォトフェイシャルの光を弱め、肌へのダメージをさらに軽減できるメリットがあるそうです。興味のある人は、ぜひクリニックの話を聞いたり、実際に施術を受けてみてください。