HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  ピーリング

ピーリング

ピーリングは、日本語では「皮をむく」と訳せます。まさにそのイメージで、一皮むく方法、つまり古い角質を取り去って、下から新しい皮膚を登場させる方法、といえるでしょう。

古い角質の下には新しい皮膚がありますから、キメの細かい、美しい皮膚を取り戻すことが可能となります。メラニン色素が染み付いてできたシミや、角質によるくすみ、毛穴の詰まりを取り去ることが可能です。

ピーリングにも種類があって、顔だけでなく歯茎や手足に行うものもあります。またクリームやジェルを使ったり、塩を使用するピーリングもあるようです。

ケミカルピーリングでにきび跡にアプローチ

ピーリングは、にきび跡の凹凸や赤みを軽減する効果があることから、代表的なにきび跡治療の一つとなっています。

にきび跡のケアとして行われるピーリングにも色々ありますが、代表的なものは「ケミカルピーリング」です。これは、フルーツ酸(グリコール酸)や植物の酸(サリチル酸)を用いて、古い角質を除去するもの。基底細胞が活性化され、表皮がふっくらと盛り上がってくるので、凹凸が目立たなくなっていきます。また、ターンオーバーが促進されて、赤みも薄くなります。

ピーリングのデメリット

しかし、ピーリングは肌に負担をかけるとして、取り入れていないクリニックやサロンもあります。日焼けした肌には行えませんし、レーザー治療などを受けた肌には、1ヶ月以上経ってからでないと、ピーリングを施せないようです。

皮膚が弱い人は受けないほうがいいケースもあるので、よく相談してから施術してもらいましょう。また他の施術との併用は、避けてください。

そもそも、ケミカルピーリングは医療行為なので、クリニックなどの医療機関でしか施術してはならないことになっています。なかでも経験や実績があるクリニックにお願いするのがベターです。また、ピーリングを受けた後は、肌が乾燥しやすくなるので、十分なアフターケアが必要になることも、忘れずに。