HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  しこりの原因と治療方法を解説!

しこりの原因と治療方法を解説!

しこり

しこりとは、皮膚の下にできるかたまりのようなものの総称です。原因は様々ですが、総じて皮膚を触ったときに固いものに触れるような違和感があるのが特徴です。

大きなものになると、皮膚の表面近くに出てきて目立つこともあります。気になるしこりの原因と治療方法について解説します。

しこりの原因と治療法は?

  • 1.しこりとは
  • しこりとは、皮膚の中でも比較的表皮に近い部分にできるかたまりのようなものを指す総称です。全身の様々な部分に出現し、良性のものと悪性のものがあります。

    良性のものであれば問題ありませんが、悪性のものになると乳がんや悪性リンパ腫などの生命にかかわる深刻な病気が隠れていることもありますので注意が必要です。

  • 2.しこりの原因
  • しこりと一口に言っても、原因は様々です。顔やお尻や背中などに出現する脂肪のかたまりのようなしこりは、多くの場合粉瘤(ふんりゅう)やアテロームと呼ばれる良性のしこりです。

    粉瘤は皮膚の一部がポケットのように内部で袋状になったもので、中には脂肪や垢がたまっています。しこりが黒いニキビのように見える開口部を持っていたら、粉瘤の可能性が高いでしょう。

    一方で、胸部やわきの下、頸部などにしこりを感じたら注意が必要です。特に柔らかい粉瘤と違って固いしこりは、乳がんや悪性リンパ腫によるしこりの可能性があります。気づいたら医師に相談しましょう。

  • 3.しこりの治療法
  • 粉瘤は皮膚が袋状になったものなので、中の垢や脂肪を取り出してもまた再発してきます。根治させるには、袋をまるごと外科手術で摘出する必要があります

    粉瘤もその他の悪性腫瘍も、病院での検査や手術などの専門的な対応が必要になります。気になるしこりを発見したら、まず病院で相談して検査を受けてみることをおすすめします。