HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  レーザー

レーザー

レーザーといえば、レーザー脱毛やレーザーメス、ほくろやアザの除去というふうに、「取り除くもの」という印象を持つ方も多いかもしれません。しかし美肌ケアやアンチエイジングケアの強力な助っ人として、レーザーはすでに定着しています。

アンチエイジングな肌…、それは、シワやシミの少ない、ふっくらとハリのある肌のことだと思います。レーザー機器は、次々と新しいものが開発されていますが、最近は、肌に照射することで真皮の線維芽細胞を活性化し、ハリなどに欠かせないコラーゲンやエラスチンを再生させることがわかっています。また、下線維組織のゆるみを引き締めるので、リフティング効果があることも認められています。 

にきび跡肌のためのレーザー治療

凹凸になったにきび跡をふっくらと盛り上げ、皮膚を平らにするために、にきび跡肌にもレーザー治療が施されるようになりました。新陳代謝を活性化させ、ターンオーバーを促進することで、新しい皮膚の生成を助けますから、にきび跡にも効果があるわけです。

またレーザーを当てて炎症を抑える、殺菌作用で皮膚を清潔にできることで、にきびの再発を防ぐことも可能です。

このようにメリットの多いレーザー治療ですが、デメリットがないわけではありません。レーザーの熱を当てることで、皮膚がある程度のダメージを受けるのは避けられないからです。ただし、最近ではほとんど肌にダメージを残さない機器も出てきていますし、痛みも少なくなっています。特に顔に使う機器は、痛みをできるだけ感じないものが選ばれていますし、施術後の日焼けなどを避ければ、ほとんどのトラブルは避けられるようです。
 

とはいっても、施術後、ヒリヒリしたり、赤みやかさぶたができてしまうケースもなくはありません。また、メイクなどもしばらくお休みしたほうが無難とされています。ですから万一のことを考えて、とくに皮膚科などを併設しているクリニックで施術を受けることをおススメします。

にきび跡治療に効果的なレーザーの種類

                                                   

フラクショナルレーザー療法

にきび跡でも比較的悪化している症状に効果的なレーザー治療法です。肌に凹凸ができているにきび跡に効果があります。

微細なレーザー光を一定の密度で皮膚に照射していき、皮膚の表皮や真皮への影響を最小限に抑えることができます。照射径は0.08ミリから0.12ミリで、1平方センチメートルあたり200本から800本の点状に照射します。マイクロレーザービームの熱刺激によって表皮のターンオーバーを促し、真皮を蘇生させてにきび跡を消すことができます。  

最近は「CO2フラクショナル」といって炭酸ガスを応用した「CO2フラクショナルレーザー療法」を導入しているクリニックもあります。これは従来のフラクショナルレーザーよりも痛みが少ないという特徴があります。クレーター状のにきび跡の改善や、開いた毛穴を整える効果があります。

参考:
「皮膚科におけるレーザー応用の最新事情」の「9.2 フラクショナルレーザー療法」

アクネライト治療

                     
アクネライトはクロモライトとも呼ばれ、米国食品医療品局が認めるレーザー治療です。日本で一般的ににきび跡の治療に使われています。光のパルスを患部に照射する時にピンポイントで狙うことができ、にきび跡を無駄なく処理することができます。ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、肌の代謝を活発化してターンオーバーを回復することができます。肌のコラーゲンを増やす効果もあります。治療時の痛みはゴムを弾いた程度なので、それほど苦痛は感じません。  

フラクセル治療

クレーター状の凹凸のあるにきび跡の治療に適したレーザー療法です。また赤みや色素沈着があるにきび跡の治療にも適しています。塗り薬やケミカルピーリングでは治らない場合に、フラクセル治療を行います。毛穴が開きっぱなしの治療にも効果があります。真皮層まで照射することができるため根本的なにきび治療が期待でき、表面の色素沈着も治すことができます。凹凸状のにきび跡に対するフラクセルレーザー治療の効果は極めて高く、実際に医師のもとで治療した結果、5例中4例が著しく改善したという報告もあります。

参考:
「Fractional photothermolysisを用いたエルビウムグラスレーザーによるskintextureの改善」

アンコア治療

                        
最先端の治療法で、ウルトラパルス炭酸ガスレーザーシステムです。従来のレーザー治療ではできなかった肌の深部まで治療が可能で凹凸のあるクレーター状のにきび跡に効果があります。クリニックによっては「ブリッジセラピー」と呼ばれている治療です。臨床試験によっても、健常皮膚が残っていると照射スポットでの治療で皮膚再生がただちに行われるという結果が出ています。処置後の治療期間も大幅に短縮され、肌質も改善するようです。

参考:
「ウルトラパルス炭酸ガスレーザーシステム アンコアによる治療」
 

にきび跡をレーザーで治療する大阪のクリニック

           
大阪には、レーザーでにきび跡を治療するクリニックがたくさんあります。その中でもおすすめのクリニックをご紹介します。 

恵聖会クリニック

                      
大阪の心斎橋にある美容外科クリニックです。にきび跡の治療に効果のあるレーザー機器を完備しています。医療クリニックなので一般皮膚科診療も行っているので安心して治療を受けられます。にきび跡の治療にも色々な治療法を行いますが、クレーター状のにきび跡に効果のある「フラクセルⅡ」や「フラクショナル」レーザー治療を行っています。治療後は当日からメイクができます。                                 

きぬがさクリニック

                     
大阪の難波にある総合美容クリニックで、美容外科、美容皮膚科、形成外科などの診療を行っています。にきび跡の治療では症状によって色々な治療法を選べますが、レーザー治療では3種類のレーザー機器を導入しています。「フラクセルⅡ」は肌への負担が少なく、凹凸状のにきび跡に効果があります。「ピコフラクショナルレーザー」は最先端のレーザー機器で、肌へのダメージを抑えてダウンタイムが少ない特徴があります。「Vビーム」は炎症性のにきびや赤みの残ったにきび跡に効果があります。                                     

高須クリニック

全国的に有名な美容外科の大阪院で、梅田駅のすぐ近くにあります。35年の実績があり、美容整形と美容外科専門のクリニックです。にきび跡のレーザー治療に力を入れており、「フラクセルⅡ」による治療を行っています。微細なレーザー光の照射によって古い組織を排出し、新しい肌に生まれ変わります。「Vビーム」機器も導入しており、赤く炎症を起こしたにきび跡の治療に効果があります。麻酔の必要がなく5分から15分の照射で終わります。その他にも症状に合わせて色々なにきび跡の治療が選択できるようになっています。                     

立花クリニック

大阪市阿倍野区にある医療法人です。大阪で開院して20年以上、美容外科全般の治療実績があるクリニックです。にきび跡の治療には力を入れており、このクリニックでは「ブリッジセラピー(アンコア)」を導入しています。最先端のレーザー治療で、凹凸のあるにきび跡やクレーター状のにきび跡に効果があります。院長はレーザー治療の最高峰と信じている「ブリッジセラピー・Deep FX」という機器を使って治療を行っています。このレーザー機器によってこれまでは難しいとされていたにきび跡の治療に効果を上げています。