HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  レーザー

レーザー

レーザーといえば、レーザー脱毛やレーザーメス、ほくろやアザの除去というふうに、「取り除くもの」という印象を持つ方も多いかもしれません。しかし美肌ケアやアンチエイジングケアの強力な助っ人として、レーザーはすでに定着しています。

アンチエイジングな肌…、それは、シワやシミの少ない、ふっくらとハリのある肌のことだと思います。レーザー機器は、次々と新しいものが開発されていますが、最近は、肌に照射することで真皮の線維芽細胞を活性化し、ハリなどに欠かせないコラーゲンやエラスチンを再生させることがわかっています。また、下線維組織のゆるみを引き締めるので、リフティング効果があることも認められています。 

にきび跡肌のためのレーザー治療

凹凸になったにきび跡をふっくらと盛り上げ、皮膚を平らにするために、にきび跡肌にもレーザー治療が施されるようになりました。新陳代謝を活性化させ、ターンオーバーを促進することで、新しい皮膚の生成を助けますから、にきび跡にも効果があるわけです。

またレーザーを当てて炎症を抑える、殺菌作用で皮膚を清潔にできることで、にきびの再発を防ぐことも可能です。

このようにメリットの多いレーザー治療ですが、デメリットがないわけではありません。レーザーの熱を当てることで、皮膚がある程度のダメージを受けるのは避けられないからです。ただし、最近ではほとんど肌にダメージを残さない機器も出てきていますし、痛みも少なくなっています。特に顔に使う機器は、痛みをできるだけ感じないものが選ばれていますし、施術後の日焼けなどを避ければ、ほとんどのトラブルは避けられるようです。
 

とはいっても、施術後、ヒリヒリしたり、赤みやかさぶたができてしまうケースもなくはありません。また、メイクなどもしばらくお休みしたほうが無難とされています。ですから万一のことを考えて、とくに皮膚科などを併設しているクリニックで施術を受けることをおススメします。