HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類

にきび跡の種類には、以下の3種類があります。

○赤みとなって残るにきび跡

にきびができると、皮膚の下にある毛細血管が、身体の外側からの刺激による損傷、つまり炎症を修復しようとして集まってきます。炎症はある程度すれば沈静化するものですが、うっ血部分がうまく再生されず、にきび跡として残ってしまうことがあります。

○色素沈着にきび跡

にきびができることにより、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が活性化し、メラニン色素が生成されます。通常、ターンオーバーによりメラニン色素は外側に押し出され、剥がれおちます。しかし30歳を過ぎると基礎代謝が落ち、色素沈着が治りにくくなります。大人にきびができると、代謝の低下により色素沈着は残りにくく、にきび跡になりやすいです。真皮までメラニン色素が入り込んでしまうと、治療も難しくなります。

○クレーター状の凸凹にきび跡

にきびの炎症により表皮だけではなく、真皮まで破壊されてしまうと、凸凹にきび跡になります。毛穴開きやケロイドが原因で起こることもありますが、にきびができたばかりのころに、汚れた手でにきびを潰したため、細菌が入り込んで悪化し、クレーター状になった、というケースが多いです。

凸凹にきび跡は治りにくい
単に肌を傷つけてしまっただけなら、時間とともに再生されて治る可能性もあります。しかし、凸凹になるということは、皮膚が再生するための細胞分裂を行う核そのものが壊れてしまっている状態です。ですから、正常な形で新しい皮膚を形成できません。それだけ完治も難しいです。

にきび跡対策

にきび跡の対策として、スキンケア化粧品や自宅でできるピーリング商品が売られています。しかし、とくに凸凹にきび跡の場合は、セルフケアでは限界があります。皮膚科ではケミカルピーリングやレーザー治療、LED療法によるにきび跡治療を行っています。

皮膚科で行っているフラクセルレーザーなどのレーザー照射により、失われていた皮膚の再生が促され、新しい肌に生まれ変わらせることができます。