HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  イオン導入

イオン導入

このページでは、にきび跡肌治療に用いられる「イオン導入」について、紹介しています。

イオン導入とは?

白く美しい肌やアンチエイジングな肌を目指すとき、私たちは「肌にいい成分」でケアをします。例えばプラセンタやコラーゲン、ビタミンCの入った美容液は、その代表的なものです。または、そういった成分のサプリメントを口から摂ることもあります。

しかし、どんなに美容成分を顔に塗っても、なかなか真皮にまで届いていないのが実情です。では、美容成分をより効果的に肌の奥へ届ける方法はないのでしょうか?あります。それが「イオン導入」という方法です。イオン導入は皮膚に微弱な電流を流しながら、水溶性の、例えばビタミンC誘導体などを真皮にまで到達させる方法です。

なぜ、にきび跡肌に有効なのか

この方法では、水溶性のものしか肌の奥へ到達させることはできませんが、その代表的なものがビタミンC誘導体です。ビタミンCには美白効果があることから、にきび跡の赤みなどを抑える効果が見込めます。

また抗酸化作用や、免疫力を高める力もあります。ターンオーバーが活性化し、新しい皮膚が正常に生まれるようになるので、凹凸が目立たなくなるのです。何より肌がしっとりと潤うので、全体的にハリが生まれます。これも凹凸には効果的でしょう。

デメリットもリサーチ

イオン導入の電流がいくら微弱とはいえ、人によっては火傷を負ったり、刺激を受けてしまう場合もあるようです。できれば経験の豊富な、クリニックなどの医療機関で行うのがベター。医師が扱える医療用機器のほうが、より効果が高いといわれているからです。

またイオン導入は、ピーリングなどで角質が除去された後に行うと効果的です。ほかにフォトRFなどと併用することも可能なので、施術を受ける前に、クリニックのスタッフにしっかり相談し、プランを練ってほしいと思います。