HOME >>  にきび跡の治療法をチェック! >>  保険治療

保険治療

このページでは、保険でできる「にきびの治療方法」について、紹介しています。

保険治療と自費治療

ニキビの治療には、保険治療と自費治療があります。

現在の保険制度では混合診療はできないので、どちらの治療を行うのかを決める必要があります。保険治療は、保険が使えるので治療費も自費と比べると安くなります。

しかし、ニキビ(病気)を日常生活で困らない程度に直すことを目的とした治療になります。見た目もきれいに直せる高度な治療は、自費治療となっているので注意が必要です。

保険治療

では、保険適応の治療ではどこまでできるのでしょう。調べてみました。

  • 飲み薬
    抗生物質、ビタミン剤など、症状によって処方されます。
  • 塗り薬
    抗生剤などが入っています。肌を清潔にする目的のローションなどもあり、症状に合わせて処方されます。
  • 医師のアドバイス
    食生活や洗顔方法など、ニキビを防ぐ生活についてアドバイスがもらえます。

本当にきれいになりたい人は自費治療も視野に入れて

いかがでしたでしょうか。現在日本でできるニキビの保険治療は、かなり限られたことしか認められていないのが現状です。

もちろんそういった治療や市販薬で快方に向かう人もたくさんいることでしょう。けれど、ニキビは直った後も「ニキビ跡」として肌に残り悩みの種を残していきます。顔にできることが多いので、その悩みも深刻ですよね。

ニキビが直らない悩みを抱えて、何件も皮膚科を回っている人も多いかと思います。そういった方は保険治療の限界を考えてみてもいいかもしれません。

ニキビの赤みやデコボコを直すには最終的にはレーザーなどの保険適用外の治療が必要となってきます。なかなか思うように治らない方は、一度美容皮膚科で保険外治療を受けることを検討してみてもいいかもしれません。