HOME >>  にきび跡の治療法をチェック!

にきび跡の治療法をチェック!

にきび跡の治療法は、クリニックやサロンによってさまざまです。レーザー専門のクリニックもあれば、ピーリングは決して行わないところがあったり、また漢方を積極的に取り入れているクリニックもあります。ですが、代表的な治療法があるのも確かです。

このカテゴリーでは、にきび跡ケアの中で、比較的認知度の高い治療法を紹介していきます。

レーザーとフォトフェイシャルの違いや、それぞれの効果を検証。メリットとデメリットについても、明確にしています。またフォトフェイシャルの中でも、最近よく耳にするフォトRF(オーロラ)の効果についてや、にきび跡ケアの代名詞・ピーリング(ケミカルピーリング)、そしてイオン導入についても調べてみました。

肌質によっては、治療に取り入れることがむずかしいケースがあります。また組み合わせて施術することで、より一層の効果が求められこともあるので、それぞれの方法をよく理解し、にきび跡ケアに役立てていただければと思います。

各治療法の特徴

一言で「にきび跡治療」といっても、方法はさまざま。こちらのページではそれぞれの特徴をお話ししていきましょう。

1.レーザー

レーザーはにきび跡に照射することで肌の新陳代謝を活性化し、ターンオーバーを促進する治療法です。また、レーザーは炎症を抑えてくれる上、殺菌作用もあるため、皮膚を清潔な状態にリセットする効果も期待できます。

凸凹になってしまったクレーター肌を、削るようにすることで表面を滑らかにし、目立たなくする治療法です。ふっくらと盛り上げてくれる働きも期待できるため、重度のにきび跡で悩んでいる方におすすめしたい療法です。

具体的治療法

具体的には、炭酸ガス(Co2)レーザーがこのタイプとなっています。レーザーを使った治療のため、痛みを伴うものになります。そのため、治療前に表面麻酔を施した上で行う必要があり、費用が少しかかりますがその分効果は早く、改善も期待できるでしょう。肌の表面を削る際に、どうしても出てしまう血液を一瞬のうちに固めることが可能なので出血する心配はほとんどありません。
ただし、レーザーは熱を当てることになるので、ほとんどダメージを与えない機器が登場しているとはいえ、リスクは生じます。多くの場合に治療した部分が固まり、かさぶたのような状態になってしまうので一定期間は見た目に不自然な点が出てしまうことは想定する必要があります。
また、レーザー治療後は日焼け対策を万全にし、メイクを休まなければいけないこともあります。とくに女性にとっては重要なポイントになるかと思いますが、約7日間ほど薬を塗る必要があります。簡単なものや部位によっては、可能な場合があるので医師に相談の上対処してください。

2.フォトフェイシャル

ニキビ跡のレーザー治療を紹介しましたが、その他でニキビ跡に効果があるのが光治療(フォトフェイシャル)です。レーザーはにきび跡のみに照射しますが、フォトフェイシャルは顔全体に照射する治療法です。もっと詳細にいうと、IPL(インテンスパルスライト)という光を皮膚に照射するものをいいます。ニキビ跡のほかにも、しみ、そばかす、くすみ、赤ら顔などの症状にも効果が望めるといわれています。フォトフェイシャルは、施術後のダウンタイム(施術してから回復するまでの期間のこと)が少ないので、一般的には安全性が確立されていると言われています。
レーザー照射と異なり、フォトフェイシャルをしたあとは、日焼け止めや化粧品をすぐにつけても問題ないということで、日常生活への支障は少なそうです。

施術後

一方で、照射したのちにその部分がポツポツしてくることがあります。照射をして乾燥した箇所がポロポロと剥けてくることもあるので、次の日に重要なデートの予定は避けたほうがよさそうです。対処方法としては、無理やり剥がすのはやめてください。なるべくさわらないようにしたほうが治りも早く得策といえます。通常行っている顔を洗うときや、夜寝ている間に自然にはがれてきますのでなるべく気にしないようにしましょう。
といっても、冬目からではポツポツは小さいので、わかりにくいくらいのものです。しかし近くによると、そばかす状に肌がなっているのがわかってしまうので気になるかたはマスクなどを用意して外出したらよいかもしれません。そのような状態が2日から3日ほど続くことになりますので前後の予定をたてる際には気を付けたほうがよいでしょう。

赤みのある部分もクレーターになっている部分も一度に施術できるメリットがあります。にきび跡の他にも毛穴の開きなどにも効果が期待できるため、美肌が手に入るでしょう。

ただし、全体に照射するからこそ、レーザーよりも照射のパワーは弱め。レーザーと比べて効果をすぐに実感しにくいかもしれません。
そのため、通う回数が増え手間がかかってしまいますが、その分痛みが少なくストレスも軽減できるというメリットがあります。これは、治療を続けるうえでとても重要なことでもあります。

紫外線カットが重要

最後に、重要な注意点としては、紫外線をさけなければなりません。端的にいうと、フォトフェイシャルは皮膚がやけど状態となっているようなものになります。スタッフからもしつこく説明を受けることになるかとおもいますが、紫外線は肌の大敵になりますので、十分に注意しましょう。

フォトフェイシャルの治療をする際に炎症を抑えるための薬を処方されることがあります。具体的には、ハイドロキノン軟膏、トレチノイン軟膏などの塗り薬やトランサミン(トラネキサム酸)、ビタミンC、L-システインなどの飲み薬(内服薬)などがあります。

色素陳茶を抑制したり、シミの元になるメラニンの生成を抑えたりするもの、あとはコラーゲン生成を手助けする成分を含むものなど効果は様々です。これらの成分は体内では生成できないものが多いので、内服薬や食品による摂取が有効であると処方されることがあります。

3.ピーリング

皮膚の表面にある肌に蓄積した古い角質を取り去る治療法です。フルーツ酸や植物の酸を利用したピーリング剤を肌に塗り、しばらく放置した後にきれいにふき取ります。
ピーリングの目的は、ターンオーバーの乱れを改善することです。本来であれば、肌の角質は年をとり、古くなっていくと自然と古い部分からはがれ落ちていきます。
しかし、ストレスや生活環境の不順などの何らかの原因によって肌の不調が引き起こされることによって、古い角質が自然に剥がれ落ちず蓄積されてしまうことがあります。その結果、乱れた肌はひどい乾燥やお肌のトラブルを引き起こしやすくなり、角質が普通よりも厚くなってしまうことが原因で肌の明るさがおち、トーンダウンにつながってしまいます。そのような状態は望ましくないので、集中的にケアする必要があります。そのような蓄積した古い角質をはがすためのケアをピーリングと呼びます。

何度か繰り返すことでにきび跡の赤みはもちろん、肌が盛り上がってくることから凹凸やクレーター肌も改善してくれます。
ただし、ピーリングは肌に負担のかかる施術です。そのため皮膚が弱い人には向いていないことや、日焼けをしている肌の場合は断られる可能性もあります。
また、クリニックなどの医療機関でしか受けることができず、終わった後は乾燥するため、特別なケアをする必要があるでしょう。

ケミカルピーリングとは

クリニックで行うケミカルピーリングは、薬剤の塗布とレーザーを使用するものがあります。クリニックで行うケミカルピーリングは、きちんとした効果を得ることができることが特徴となっています。
少し詳細な説明を加えると、薬剤によるピーリングでは、トリクロロ酢酸(TCA)、グリコール酸やサルチル酸(マクロゴール基剤、エタノール基剤)、乳酸などの薬剤を使用します。使う濃度や、種類は、それぞれの肌の状態に合わせて施します。複数の薬剤を使用することもあります。方法としては、まず顔に薬剤を塗布して時間を置きます。その後やさしく顔を洗って施術は完了します。医師による指導なので、自宅では行うことができないような、高濃度の薬剤で施術してもらえるので高い効果が期待できます。

レーザーピーリングとは

また、レーザーピーリングは薬剤を使わず、レーザーで治療する方法もあります。そのため、敏感肌の方でも比較的受けやすい施術であるといえます。しかし、効果を実感するためには複数回続けて施術を受ける必要があります。その代わり、シミやニキビ跡、肌荒れなどさまざまな肌トラブルに効果が期待できるので、試してみるのもよいでしょう。

4.イオン導入

イオン導入とは、肌の奥により効果的に美容成分を届ける治療法です。皮膚に微量の電流を流しながら、水溶性の美容成分を導入していきます。イオン導入はイオントフォレシス、イオンフォレーシスなどとも呼ばれており、美容成分の浸透を高める効果があるといわれています。皮膚が体の中での重要な働きの一つは、たくさんの外からの有害な刺激から体を守る守護神になることです。このような保護機能によって化粧水や乳液、クリームなどの美容成分はふつうであれば、角質層よりも奥にはいっていくことはありません。
しかし、イオン導入を行うと、変わります。具体的には、そのままでは浸透しにくい肌の活力を呼び起こす成分の「プラセンタ」や「ビタミンC誘導体」、「ヒアルロン酸」のほか「コラーゲン」など肌を活性化させるのに効果の高い美容成分を角質より深く深く、浸透させることができる点です。にきび跡治療では美白効果のある「ビタミンC誘導体」を使用することで、にきび跡の赤みを抑え、美肌に導く効果が期待できます。そうすることによって、肌の真皮と言われる深いところまで運ぶことができるというわけなのです。また、現在わかっているデータによると、化粧水などを手で塗るのと比較すると、イオン導入を行うことによって数十倍の濃度で浸透し、効果を発揮することが分かっています。
同時に抗酸化作用や、免疫力もあるため、肌の新陳代謝を整え、肌の凹凸を目立たなくしてくれる働きもあります。「ピーリング」とあわせて施術しているクリニックも多いようですよ。

イオン導入の詳細

もう少し詳しく説明を加えると、イオン導入では、電流を流した時にイオン化させることができる物質のみに使用することが可能です。イオン導入できるものには、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリシルグリシン、アミノ酸などが挙げられます。このように上げたそれぞれの成分の働きによって、ニキビ跡のみならず、くすみやシミ、アンチエイジングなどにも効果があるといわれています。

ただし、微量とはいえ電流を流すため、人によっては火傷など強い刺激を受けるリスクが生じます。
とくに、肌荒れがひどいと感じているとき、生理前などで肌状態が過敏になっているタイミングなどは、イオン導入をおこなう際の電流の刺激で肌に負担をかけてしまうことになるので注意が必要です。最悪の場合、肌を改善するために行ったことが、より肌を傷付けてしまう要因にさえなってしまいますので気をつけましょう。また、イオン導入は、肌のバリア機能を一時的に緩めて行います。そのため、毎日行うことがよいというわけではありません。頻度が多すぎると、美容液は浸透しますが、強い刺激を与えすぎてしまうことになり、赤みが出てしまうこともあります。さらに、電流値と波形が肌に適していることも大切なのでクリニックで相談するといいでしょう。

5.保険治療

保険治療は保険が適応されるため、自費と比べると安く治すことのできる治療法です。しかし、目的は「日常生活で困らない程度に治すこと」であり、自費治療のように跡が分からないほどきれいにするのは難しいことがほとんどです。ニキビ治療をするにあたって留意すべき点として、その要因も知っておくとよいです。ニキビ治療の方法は、ニキビの種類や状態はもちろん体質や生活習慣などでも変わるものです。
症状に合わせて、長期的なニキビ治療計画を立てることが重要です。
場合によってはいくつかの処置を組み合わせてニキビを治療することもあります。クリニックや病院によっては、保険適用と保険適用外のニキビ治療があります。患者さまとの綿密なカウンセリングをすることで、目指すものや不安を明確にすることで納得できる治療を行うことが必要です。特に保険適用内でできる治療は、医療的に必要と認められている部分になりますので、相談の上必要であれば治療を行うことが得策といえます。
具体的に保険治療の内容としては、抗生物質やビタミン剤の「飲み薬」、抗生剤などの「塗り薬」、そして医師の食生活や洗顔方法などのアドバイスが挙げられます。一度クリニックに相談してみてください。

6.その他の治療

軽いにきび跡の場合は自分で治すことができる治療法がいくつかあります。まず試してほしいのは洗顔およびスキンケアです。

意外に多いのがゴシゴシ強く洗いすぎてにきび跡を悪化させてしまう場合です。にきび跡を治すには洗顔料を泡立ててソフトに包み込むように顔を洗います。ピーリング石鹸を使うと効果がありますが、お肌が弱い人は注意が必要です。

スキンケアで使う化粧水でもにきび跡を治すことができます。気をつけたいのは添加物の配合されていない化粧水を選ぶことで、クレンジングクリームなどは油分の少ないものを使うようにします。

その他にも市販の外用薬や、体質から改善する漢方薬などがあります。これらは自分で治療できますが、症状がひどい場合や改善効果がない時はやはりクリニックで治療を受けるのが一番です。

局所注射

ほかにも、局所注射をする方法もあります。赤く腫れたニキビにステロイドの注射を行うことで即日、炎症が治まることもあります。即効性が高い治療法として活用されています。しかし、一時的な炎症を抑える治療のため、再発率は高めであることも認識しておく必要があります。

ホルモン注射

さらに、ホルモン治療という方法もあります。大人ニキビの原因となる男性ホルモン優位の体質を改善していく治療法となっており、唯一の根本治療の可能性があります。根本原因を直接的に打破していくことが出来るので、将来的な再発率低下がのぞめます。

7.ニキビ跡の種類

にきび跡には軽いものから重いものまでいくつかの種類があります。軽いにきび跡としては、赤みが残るものがあります。腫れや痛みがひいてニキビが治ったと思ったら、今度はニキビ跡が気になってという悩みを持つ人は意外と多くいらっしゃいます。例えば、肌の奥が炎症を起こしたり、毛穴周辺に血液が溜まって赤く見えます。放置すると悪化して治療が長引きます。自分のニキビ跡の原因を把握したら、どんな改善方法があるのか知っておくことが必要です。

赤いニキビ

まずは、赤いニキビ跡の原因は炎症です。皮脂分泌がかなり高い度合にまで進んでしまうことで起こります。もっというと、皮脂の貯留などが原因になっていて炎症をおこす細胞を誘導するためにニキビが炎症をおこします。そのようにして起きた炎症のダメージが赤みを伴う炎症として現れることでニキビ跡になってしまうのです。赤みは時間の経過と共に治癒していくことが多いです。改善されることが一般的ですが、どうしても気になるときは専門の医師に相談することをお勧めします。

メラニン

2つ目の原因は、メラニンによるものです。
色素沈着したニキビ跡は、茶色っぽいくすみやシミとして残ります。ニキビの炎症によって肌がダメージを負うと、肌の表面に存在しているメラノサイトという成分がとても活性化し、メラニンを大量に生成しているのです。炎症が重度になると、メラニンが真皮層まで落ちていってしまうということですので、なかなか消えることがなく、色素沈着としてニキビ跡やシミとなります。

ひどい炎症

3つ目の原因は、ひどい炎症です。クレーター状のニキビ跡のようになっている場合は炎症になっていると考えたほうがよいでしょう。重い炎症のニキビは、アクネ菌が周辺組織を破壊しながら増殖し続けているためにできます。よく、若い人向けの洗顔せっけんなどではアクネ菌を殺菌する成分が入っているものが多いと思いますが、炎症が重いニキビには、アクネ菌に効く成分で顔を洗うことが効果的です。
これが皮膚の、表皮の内側にある層で起こると均一な肌の再生が困難になります。
そこに強いダメージを受けた部分ができものや傷などが直った後に皮膚面に残るあと、言い換えるとクレーターとなって残るのです。

化膿や炎症

4つ目の原因は、化膿や炎症です。しこりのあるニキビ跡の原因は化膿や炎症によるものであることが多いです。そして、重度の化膿や炎症を同じ場所で繰り返すと、皮膚の、表皮の内側にある層にまでおよんだダメージが肌の自分の力で治ろうとする力を妨害し、過剰にコラーゲン線維を生成することになります。それが硬くなってしこりになることがあるのです。しこりは、硬くなってポコッと出てしまうだけで、具体的に痛みやかゆみなど実害はないのであまり気になりません。しかし、痛みは伴いませんが、赤みを帯びたり、白っぽくなって目立つことがあるので見た目に気になってしまいます。さらに、あごの側面にできることが多いというのも特徴のひとつです。

細胞の過剰生成

原因の5つ目は、細胞の過剰生成です。ケロイド状のニキビ跡は細胞が過剰生成されていると考えてよいでしょう。肌の質によっては、たまにニキビ跡が赤く盛り上がり、やけどと同じようにケロイド状になってしまうことがあります。原因はしこりと同様、深部にまで達したダメージです。肌の再生機能が混乱し過剰に細胞を生成するため、赤みや盛り上がりのあるケロイドになるのです。ケロイドには真性のものと肥厚性瘢痕(はんこん)の2種類があります。肥厚性瘢痕(ミミズバレ状の傷跡に似たできものや傷などが直った後に皮膚面に残るあと)がより多く見られます。

様々な原因を説明してきましたが、色素沈着によるにきび跡は赤紫色や茶色に肌が変質します。メラニン色素が肌の奥まで入り込むと治療が難しくなりますのでなるべく紫外線を避けたりするなど日ごろから気をつけましょう。一番重症なのは肌が凹凸になってしまうクレーター状のにきび跡です。炎症によってお肌の細胞が壊れたり、毛穴周辺が盛り上がってしまったりするのでとても目立ちます。このような症状はクリニックで治療しないと治りませんし。早めに治療を受ける必要があります。

8.大阪のクリニック&エステ店の料金相場

大阪にはクリニックやエステ店がたくさんあります。にきび跡の治療は自由診療なので、クリニックによって治療費は違います。事前に料金相場を調べておくと、クリニックやエステも選びやすくなります。

人気のあるレーザー治療はにきび跡の治療では最も費用が高く、トータルで30万円を超えることもあります。

フォトフェイシャルはレーザーの半額程度ですが、その分治療効果が低くなります。エステサロンで行われるフォトフェイシャルは医療機関とは違って美容効果がメインになりますが、オプションによって費用が高くなるので注意が必要です。

ピーリングによる治療は最も費用が安く、完治するまで数万円ですむこともあります。ただし症状の軽いにきび跡に限ります。

9.番外:にきび跡を作らないための予防策

にきび跡を残さないためには早めの治療が大切です。軽い症状でも最近に感染すると悪化して取り返しのつかないことになります。よくあるのが爪でにきびを潰す行為です。対処療法であるだけでなく、化膿させてしまう恐れがあります。

にきび跡を作らないためにはにきびを予防するのが一番ですが、そのためには日頃の生活習慣を見直すことです。特に睡眠不足はにきびだけでなくお肌全体に悪影響を及ぼします。

食生活も大切で、1日3食をしっかりと守り、バランスのとれた食事を心がけます。ファストフードばかりだと栄養が偏り、お肌の代謝能力が減退する要因になります。またストレスを溜め込まないことも大事です。

発症したらすぐにクリニックで治療すれば、にきび跡を残さずにすみます。一番の予防策は初期のうちに治してしまうことでしょう。

10.番外:にきびは遺伝子のせい?遺伝子検査から考える対策

にきびは遺伝すると言われますが、厳密にはにきびを発症しやすい肌質を受け継いでいるのです。そのため、にきび肌の親を持つ子どもはにきびができやすくなるわけです。根本的に予防をするなら遺伝子検査をして、その結果から予防対策を考えればいいのです。

大阪には遺伝子検査を取り入れているクリニックがあるので、一度検査をしておけばにきびのできやすい体質かどうかがわかります。検査結果がわかればそれに対応した予防策をとることができ、にきび跡に悩むこともなくなります。

また毛穴の大きさも遺伝すると言われています。毛穴が大きいと角質が溜まりやすく、にきび発祥の原因になります。

例え遺伝してないとしても家族は同じ食事や生活習慣なので、にきび跡に悩んでいる身内がいれば同じ悩みを持つ可能性が高くなります。